NPS研究会の沿革  THE NPS HISTORY                   

ニュー・プロダクション・システム(THE NEW PRODUCTION SYSTEM)の原点
「かんばん方式」「ジャスト・イン・タイム」として知られたトヨタ生産方式が、いかなる業種にも応用出来る経営哲学
つまり、「モノづくり」の思想ではないかと捉え、「電気製品や蒲鉾も自動車と同じ生産方式で行えば、合理化が出来る」
と考えたウシオ電機の木下幹彌氏、オイレス工業の川ア景民氏、紀文食品の保芦將人氏らを中心にして、1970年代末から
「互いの工場で自主研究会を開催し、切磋琢磨しながら進化・向上・発展を目指す」活動が始まり、NPS研究会誕生の起点
となりました。

NPS研究会の発足と入会三条件の規定
1981年1月、新しい生産方式(ニュー・プロダクション・システム)を確立することを目指して、オイレス工業、紀文食品
オグラ宝石精機工業、イクヨ、用賀精工社の5社によって、NPS研究会が発足しました。

入会資格は
@ NPSの思想に共鳴・共感する社長が経営する企業であること
A 自社ブランドで事業を行っている日本のメーカーであること
B 一業種一社を原則とすること

の三条件が規定され、今日において世界的に稀なる異業種メーカーによる「ノアの方舟」的な業際集団が形成される基礎
となっています。

MIPの設立と「新しい」NPS経営
1981年10月、会員会社11社のの出資により、NPS 研究会の運営母体として、
株式会社 エム・アイ・ピー(MIP)が設立されました。MIP「トヨタ生産方式」
生みの親である大野耐一氏を初代最高顧問、その現場における陣頭指揮をとった
鈴村喜久男氏を初代実践委員長として迎え入れました。また、トヨタグループの各現場
において改善活動に従事していた指導員たちも実践委員として参加し、NPS 研究会の
基盤が築かれました。

2001年3月、トヨタ自動車株式会社と正式に業務提携を締結し、より「新しい」NPS研究会の推進活動が強化され、
「第二創業期」を超えて次なる「第二ステージ」での進化・向上・発展を目指しています。

NPS(ニュー・プロダクション・システム)は、発起人の一人である川ア景民氏(オイレス工業
        ・元社長)の発案によるネーミング

MIP(エム・アイ・ピー)は、Mutual Identity & Prosperity の頭文字でNPS研究会の会員各社
         同士が「共存共栄」で発展することを願って名付けられました