NPS研究会の特徴  THE NPS PRINCIPLES

マーケットインが経営効率を生む
経営効率の向上は、企業組織やその運営方法に起因するあらゆる「無駄」を排除し、仕事が効率よく「流れ」で行われるよう「改善」することで実現します。NPS 研究会では、「マーケットイン」の発想で企業活動に取り組むことと考えています。
「マーケットイン」とは、売れる数とタイミングを見て生産すること、つまり「必要とするモノを必要なところに必要なタイミングで生産して商品を供給する」ということです。「いくつつくるのかでなく、いくつ売れるのか」という「消費者からの引き」を前提にする考え方、つまり「後工程引きのモノづくり」を企業経営における永遠の命題として位置付けています。

「A+B+C」経営
「ヒト・モノ・カネ・情報」の速やかなる循環と回転が、企業全体の効率化と多品種化に対応した「モノづくり」には重要です。企業における直接部門及び間接部門から顧客まで包含した「マーケティング〜新製品開発設計〜生産〜
納品〜資金回収」
工程の「リードタイム」を短縮することで、企業のトータルコストを下げ、「無駄」な在庫や経費も削減し、企業の競争力強化に挑戦
します。このスパイラル的に企業活動のスリム化を推進することを
「A+B+C」経営と称し、NPS経営のコア思想となっています。

三現主義
NPS研究会では「現地・現物・現実」に基づいた「三現主義」による現場観察力を開発することを重視しています。
NPS改善活動の実践を行う為には、「モノ」の見方や考え方にしっかりとした基本となる「モノサシ」を身に付けることが肝要です。NPS研究会では改善活動の実践を通じて、現場に強い経営者と経営幹部の育成を行うのみならず、後世の日本に「モノづくり」の心を未来永劫まで残す為の「ヒトづくり」育成に取り組んでいます。