腹を割って勉強が出来る環境で
学ぶ姿勢が大切

NPS研究会 理事/MIP 監査役
株式会社 用賀精工社 代表取締役社長 久山 修
(1981年1月1日入会)
   
 

NPS研究会の設立に参画して一番有難かったのは、日本中にある様々な業種の会員会社に行って勉強させて頂いたことです。
工場を見せて頂き、皆さんから少なくとも実践的な方法論を伺う訳ですから、モノの考え方や視野が大いに広がりました。


経営者仲間も増え、アドバイスを頂ける方を多く持て、一業種一社ならではの互いに腹蔵なく腹を割って話も出来、現場を見せ
合うことが出来るというのは、NPS研究会の最も素晴らしい一面だと思います。


NPS活動はトヨタ自動車のTPSに源流があり、また近年はその関係も強まってきていますが、トヨタにはもっともっと学ぶ姿勢がNPS研究会には必要です。トヨタの生産現場の改革は
留まることを知りませんから、NPS研究会も時代のニーズに合わせて変化、進化していくことを願っています。