NPS研究会は企業経営にとって
「かけがいのない」財産

NPS研究会 理事
太陽化学株式会社 代表取締役社長 山崎 長宏
(2008年5月27日入会)
   
 

NPS研究会は、入会してみて初めて本当の良さがわかります。
正直申し上げて、入会直後は「NPS用語」が分からないので、
何を言っているのか、よく理解できませんでした。しかしながら、何度も指導を受け、いろいろな会員会社を見学させて頂くうちに、
自分たちが何をしなければならないのかということがだんだんと分かってきました。
そして、今まではいかに自分たちが、一面からしか「もの」をみていなかったかということを痛感すると同時に、一方では、別の角度から自分たちを変えていけるのではないかという喜びが生れてきました。


徐々にですが、会社全体として「変化の兆し」が見られるようになりました。例えば、ある社員から「社長、自分は太陽化学に入社して、実はこういう仕事をやりたかったのですが、それが今、分かりました」という言葉を聞いて、私は大変驚きました。勿論それは私にとっては、嬉しい驚きです。


太陽化学は「A+B+C」ということで、生産部門だけではなく、開発部門や間接部門(経理や財務)も一緒になって、全ての部門が関連し合いながら、さらに高いところを目指して活動を進めているところです。これもまた、NPS研究会に入会していなければ、ありえなかったことだろうと思っています。また、財務部門の社員が他の会員会社さんを訪問して「お宅はどういう処理をしているのですか」といった具合に、教わったりしていますが、財務は他流試合の機会がほとんどない部門ですので、貴重な勉強ができると皆、喜んでいます。


NPS研究会は、会員各社の仲間がお互いに切磋琢磨しながら、それぞれが自分流のノウハウを蓄積してきていますので、それを同じ仲間として共有、あるいは学んでいける集団ということで、企業経営においてかけがえのない財産であると強く認識しています。