NPS研究会の指導に頼るだけでなく
自ら知恵を出す事が会社発展のカギ

NPS研究会 理事
オグラ宝石精機工業株式会社 代表取締役社長 小倉 教太郎
(1981年1月1日入会)
   
 

NPS研究会であって、コンサルタント会社ではありません。
創設の頃より「モノづくり」の思想を一緒になって研究しましょうという考え方でやってきた集団です。


ですので、主体はあくまでも会員会社にあり、自分達で知恵を出し、工夫をしていくことが先決です。
自分で徹底的に考え抜き、そこから新たな知恵を生み出すことによって企業の力がつきます。


NPS研究会はまさに多種多彩な企業の集まりで、同じ仲間同士として腹を割って話したり、工場を見せ合ったりして秘密がなく、
トップ同士または現場の人間同士もそれぞれの会社に行って良いところ、拙いところを指摘し合いながら切磋琢磨して行くことが
できるNPS研究会のような集団は世界中を探してもどこにもありません。


当社は海外工場を一切持っていません。
国内でつくり、海外へ売る基本姿勢は変えません。日本で最後まで「モノづくり」を続けるつもりです。海外生産に依存することなく、日本で生き残る為にもっと創り方の研究を深めて進歩して行きたいと願っています。